2021/9/19梅若会公演

9/19(日)13:00開演 「梅若会 梅流会」 ¥4,000,-
於・梅若能楽学院会館(中野区東中野)

女流能楽師を中心に上演される梅流会。
素謡「鵜飼」・能「花月」ほかの演目をご覧いただきます。

「鵜飼」
三卑賎の一曲として、漁師の殺生戒をテーマに、法華経の功徳を説く作品です。
僧(一遍上人)が真夜中に出会う一人の漁師。
漁師の語る闇夜の禁漁の様子は、殺生戒を破り、漁を楽しむ人間の強欲を映しだします。
後半は閻魔王が現れ、法華経の尊さを人々に伝えるのです。

「花月」
人攫いによって親もとを離れている少年・花月。
喝食(かっしき)の姿で諸芸を語り伝えます。
躍動的な謡に重ね合わせた、芸尽くしの能の一つ。

◇関連リンク
~9月梅流会の魅力~(準備中)
※チケットを松山よりお求め頂きました方には、より深い解説をご用意致します。

◇お申込み方法
松山まで「ご予約」をお申し付けください。
席種 枚数、お名前、郵送先、連絡先を明記の上、ご連絡ください。
※頂きました個人情報はチケットの発送・能楽公演のご案内以外に使用することはございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください