2022/4/17 梅若会4月公演

令和4年4月17日(日)13:00開演
「梅若会 定式能」¥5,000,-(指定席)/ ¥4,000,-(自由席)
於・梅若能楽学院会館(中野区東中野)

「千手 郢曲之舞」山崎正道 ほか

ツレに捕らわれの身の「平重衡」が登場する作品です。
平重衡は南都焼討の中核者、仏敵として南都衆徒によって斬首されます。
能ではその直前に、鎌倉において丁重にもてなされていた様子を伝える作品です。

一ノ谷の戦いで源氏に生け捕られた平重衡。
頼朝より使わされる千手ノ前らは慰みの宴を催す。
重衡は音曲に重ねて歌を詠み、その豊かな人柄を現わすが、
やがて、別れの時がくるのである。

能演出の後日談には、
重衡の死を知り、あとを追うように早世した、
また、出家して菩提を弔ったなど、諸説の残る人物です。

それほどまでに重衡に想いを寄せる千手ノ前。

小書「郢曲之舞」では、
千手と重衡の相舞によって心の通わせと離別を表現します。

また、当日は狂言・仕舞・連吟も予定される、
多彩な一日となります。

私事ながら、松山も連吟「鞍馬天狗」にて、
一興添えさせて頂きます。

◇関連リンク
~梅若会4月公演の魅力~(限定公開予定)
※松山までお申込み頂きました方限定の、動画解説をご用意致します。

◇お申込み方法
松山まで「ご予約」をお申し付けください。
席種 枚数、お名前、郵送先、連絡先を明記の上、ご連絡ください。
※頂きました個人情報はチケットの発送・能楽公演のご案内以外に使用することはございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください