2021/11/21梅若会公演

11/21(日)11:00開演 「梅若会 別会能」
於・梅若能楽学院会館(中野区東中野)

能「弱法師」川口晃平(俊徳丸)
~聖徳太子建立の四天王寺(大阪)に伝わる説話が題材です。
盲目の少年は仏教観念で日の入りを眺め、
西方浄土を願う、舞台に拡がるパノラマ感が魅力の作品。

能「松山天狗」角当直隆(崇徳院ノ霊)・松山隆之(小天狗)
~権力争いによって讃岐に流された崇徳院。
日本を代表する?怨霊として恐れられてきた人物です。
院が逆鱗のうちに、都に災いを為すため天狗を引き従えます。

「松山天狗」で、松山が天狗(ツレ)を務めます。

◇関連リンク
梅若会11月公演の魅力~(限定公開)
※チケットを松山よりお求め頂きました方には、動画にて解説をご用意致します。

◇お申込み方法
松山まで「ご予約」をお申し付けください。
席種 枚数、お名前、郵送先、連絡先を明記の上、ご連絡ください。
※頂きました個人情報はチケットの発送・能楽公演のご案内以外に使用することはございません。

詳細はコチラをご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください