半蔀の独り言

半蔀では「夕顔を取り巻く源氏物語」に集約した解り難い能です・・・
この曲は源氏物語の夕顔の君をシテとし
前場は紫式部縁の紫野の住職
白き花の己一人笑みの眉
たそかれ時
名乗らず
などから「夕顔の君」を連想させます。
後半は五条に舞台を移します。
ありし教え以降からは
宿の佇まいを
孔子の弟子達の佇まいに喩えつつ
夕顔の知性の高さを匂わせます。
クセではシテが源氏を演じることで
夕顔自身は霊となっても名乗る事の無い
儚い女性として伝え続けています。
後半場面では終始舞台に佇む作り物との異空間が
どの様に映ることでしょうか?
是非、楽しい感想をお待ちしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>