2019/2/2 能楽ことはじめ [あらたまの寿ぎ]

【 第16回 法泉忌公開講座のご案内 】 ※入場無料

平成31年2月2日(土) 11:00開演( 正午頃 終了予定 )
https://www.okunobou.net/
大網奥之坊常瑞寺
〒961-0936 白河市大工町84
TEL 0248-23-3790
FAX 0248-23-3799

能楽ことはじめ「あらたまの寿ぎ」の開催です。

時節(節分・旧正月)に因んだお話を交えてお楽しみ頂く予定です。

お近くの方、是非お運びください。

お問い合わせは、御寺までお願いします。

能「土蜘」の見どころ

演出に巣を投げる姿があるからか、
英訳解説で「Spider」と訳されてる事もあったりで
誤解があるので、、、

本当は、
先住民(indigenous people)
原住民(The natives)
を指す。

平安時代、
中央政権が地方を制圧していくなかで、
彼ら地方部族の呼称が「土蜘蛛」です。

住まいが古い形式だったから、だとか。

決して妖怪ではないのです。
人間です。

が、属性は「鬼」。

芸能の魅力(遊び心)はあちこちに隠れてますね。

能「邯鄲」の見どころ

唐土の故事、「邯鄲の枕」を題材にする作品。

夢の中、突然に皇帝となる青年・盧生。
その栄華は50年にも感じられたが、実は粟飯の炊けるだけのひと時、「一炊(一睡)の夢」であった。
現実に帰った少年はこの先、何を感じて生きていくのか。

三島由紀夫の「近代能楽集」の冒頭を飾る題材にもなった作品です。

~以降、近日追加更新予定です。

2019/3/17 梅若会 別会能

平成31年3月17日(日)11:00開演~16:30頃終演予定
於・梅若能楽学院会館(中野区東中野)
http://honobonoh.com/?p=853

能「江口」
角当 直隆 ほか

能「邯鄲」
松山 隆之・松山 結美 ほか
(他 狂言・仕舞)

「邯鄲」の見どころです。
http://honobonoh.com/?p=897
私は、能「邯鄲」シテを、次女(小学2年)が子方を勤めます。

◇お申込み方法
http://honobonoh.com/?page_id=80 まで
席種 枚数、お名前、郵送先、連絡先を明記の上、ご連絡ください。
※頂きました個人情報はチケットの発送・能楽公演のご案内以外に使用することはございません。

指定席 正 面(10,000円)
指定席 正面横(9,000円)※僅かな傾斜があります
自由席 中・脇(8,000円)