2019/11/17 梅若会別会能「班女」「遊行柳」

◇令和元年11月17日(日) 午前11:00 開演
於・梅若能楽学院会館(中野区東中野)

能「班 女」 山中迓晶
       小鼓 大倉源次郎(人間国宝)
       地謡 松山隆之

能「遊行柳」 角当行雄
       大鼓 柿原崇志(人間国宝)
       地頭 梅若 実(藝術員会員、人間国宝)

(他 狂言・仕舞)
~詳細は投稿下記をご確認ください。

別会能は、稀曲や大曲が上演される公演です。

「班女」
遊女の想い人への心象を、秋の趣たっぷりに表す一番です。
シテは花子という名を持ちながら班女と呼ばれます。
そこには前漢の「班婕妤」に準えた理解が求められるところですが、
終始、演出の軸となる「秋の扇」には、心の表裏が表され、
観る人とって花子を身近に感じさせる妙技があります。
三島由紀夫の近代能楽集の題材ともなった演目です。

「遊行柳」
「西行櫻」と人気を二分する、老木の精を主人公とする代表作品です。
作者は「観世信光」と伝わり、室町期のスペクタクル的な作品を多く残した人物ですが、
晩年の作品とされる「遊行柳」では「幽玄性」を追求する作風に魅力が詰まっています。

正 面 席(指定席)=10,000円
脇・中正面(自由席)= 8,000円

席種    席    枚

◇お申込みは http://honobonoh.com/?page_id=80
席種枚数、お名前、郵送先、連絡先を明記の上ご連絡ください。
※頂きました個人情報はチケットの発送・能楽公演のご案内以外に使用することはございません。

2019/12/15梅若会定式能


定式納会「碇潜」にて親子三代共演が予定されています。
今回の「碇潜」は「禅鳳本」による演出で上演されます。
※金春禅鳳
 世阿弥の娘婿・金春禅竹の孫にあたる室町期の猿楽師。
 華やかな演出が特徴の作品を多く残しています。

令和元年12月15日(日)13:00開演~17:30頃 終演予定
梅若会定式能「花月」「葛城」「碇潜」
於・梅若能楽学院会館(中野区東中野)

能「花月」シテ 土田英貴
能「葛城 大和舞」シテ 山本博通
能「碇潜」シテ 松山隆之・ツレ 松山隆雄・子方 松山絖美
~他 狂言・仕舞数番、詳細は下段添付のチラシをご参照ください。

※本公演は松山にお申し込み頂くと、
1,000円引きのご優待提供となります。

~ 優待適用後の代金
指定席(正面のみ)7,000円
自由席(指定以外)6,000円

本公演は自由席券にて「名札の無い正面席」にもお座り頂けます。

◇お申込み方法
http://honobonoh.com/?page_id=80 まで
席種 枚数、お名前、郵送先、連絡先を明記の上、ご連絡ください。
※頂きました個人情報はチケットの発送・能楽公演のご案内以外に使用することはございません。

2019/12/7 「能楽ワークショップ」

完売御礼‼
ご好評につき完売となりました。ありがとうございました。
当日券の販売はございません。何卒ご了承くださいませ。


【ご案内】
江戸川区総合文化センター主催

2019/12/7(土) 14:00-16:00
日本文化体験工房 VOL.3
はじめての「能楽ワークショップ」

江戸川区のご理解ご協力のもと、
区内においての能楽普及の機会が設けられました。

今回はワークショップの魅力の一つ、
「プライベート空間」を重視した定員70名。
間近に能楽の魅力を探ってみませんか?

「体験」の他に、「鑑賞」の機会もあります。

講師は20代から40代の能楽師5名。
・松山隆之(シテ方)
・栗林祐輔(笛方)
・大山容子(小鼓)
・大倉慶乃助(大鼓)
・澤田晃良 (太鼓)
(下にお進み頂くとチラシ裏面がございます。)

当日の内容は、
鑑 賞 「羽衣」「高砂」
体 験  謡・所作
座 学  早分かり歴史・囃子入門
などの予定です。

~同時開催予定
「演能写真展」
「能面・能装束展」
「能楽関連グッズ販売」

年の暮れのことですが、発売開始が9月21日です。
お早めにご予定ください🙇

講師の一人として、当日お逢い出来ますこと楽しみにしております。

「能楽」
国内において重要無形文化財の指定を、
国際的にはユネスコ無形遺産の認定を受けている、
日本を代表する伝統芸能です。

2019/8/4 ESSENCE能

公益社団法人 能楽協会の主催公演です。

能「土蜘蛛」において、松山が「胡蝶」を勤めます。

http://www.nohgaku.or.jp/playinginfo/info.html?id=2647

  公演日時

2019年8月4日 15:45開場 16:30開演

  会場

国立能楽堂

  料金

〈全席指定〉
3,500円

※学生割引有
※障害者割引有

演目詳細

解説(Commentary)
狂言(Kyogen) 大蔵流 「梟(Owl)」 シテ 大藏彌太郎
アド 茂山忠三郎
大藏章照
<休憩15分>
能(Noh) 観世流 「土蜘蛛(Spider)」 シテ 山崎正道
ツレ(胡蝶) 松山隆之
トモ 古室知也
ツレ(頼光) 伊藤嘉章
ワキ 大日方寛
ワキツレ 御厨誠吾
梅村昌功
アイ 大藏教義
藤田次郎
小鼓 岡本はる奈
大鼓 佃良太郎
太鼓 澤田晃良
18時20分頃 終了予定

2019/7/21 梅若会定式能

次女・結美が、能「正尊 起請文」にて「静」を勤めます。

令和元年7月21日(日)13:00開演~16:30頃 終演予定
於・梅若能楽学院会館(中野区東中野)
http://honobonoh.com/?p=853

能「自然居士」
角当直隆 ほか

狂言「神鳴」
山本則孝 ほか

能「正尊」起請文
山崎正道
松山結美 ほか

(下部分の番組をご確認ください)

※本公演は松山にお申し込み頂くと、
1,000円引きのご優待提供となります。

~ 優待適用後の代金
指定席(正面のみ)7,000円
自由席(指定以外)6,000円

本公演は自由席券にて「名札の無い正面席」にもお座り頂けます。

◇お申込み方法
http://honobonoh.com/?page_id=80 まで
席種 枚数、お名前、郵送先、連絡先を明記の上、ご連絡ください。
※頂きました個人情報はチケットの発送・能楽公演のご案内以外に使用することはございません。