2019/11/17 梅若会別会能「班女」「遊行柳」

◇令和元年11月17日(日) 午前11:00 開演
於・梅若能楽学院会館(中野区東中野)

能「班 女」 山中迓晶
       小鼓 大倉源次郎(人間国宝)
       地謡 松山隆之

能「遊行柳」 角当行雄
       大鼓 柿原崇志(人間国宝)
       地頭 梅若 実(藝術員会員、人間国宝)

(他 狂言・仕舞)
~詳細は投稿下記をご確認ください。

別会能は、稀曲や大曲が上演される公演です。

「班女」
遊女の想い人への心象を、秋の趣たっぷりに表す一番です。
シテは花子という名を持ちながら班女と呼ばれます。
そこには前漢の「班婕妤」に準えた理解が求められるところですが、
終始、演出の軸となる「秋の扇」には、心の表裏が表され、
観る人とって花子を身近に感じさせる妙技があります。
三島由紀夫の近代能楽集の題材ともなった演目です。

「遊行柳」
「西行櫻」と人気を二分する、老木の精を主人公とする代表作品です。
作者は「観世信光」と伝わり、室町期のスペクタクル的な作品を多く残した人物ですが、
晩年の作品とされる「遊行柳」では「幽玄性」を追求する作風に魅力が詰まっています。

正 面 席(指定席)=10,000円
脇・中正面(自由席)= 8,000円

席種    席    枚

◇お申込みは http://honobonoh.com/?page_id=80
席種枚数、お名前、郵送先、連絡先を明記の上ご連絡ください。
※頂きました個人情報はチケットの発送・能楽公演のご案内以外に使用することはございません。

2019/12/15梅若会定式能


定式納会「碇潜」にて親子三代共演が予定されています。
今回の「碇潜」は「禅鳳本」による演出で上演されます。
※金春禅鳳
 世阿弥の娘婿・金春禅竹の孫にあたる室町期の猿楽師。
 華やかな演出が特徴の作品を多く残しています。

令和元年12月15日(日)13:00開演~17:30頃 終演予定
梅若会定式能「花月」「葛城」「碇潜」
於・梅若能楽学院会館(中野区東中野)

能「花月」シテ 土田英貴
能「葛城 大和舞」シテ 山本博通
能「碇潜」シテ 松山隆之・ツレ 松山隆雄・子方 松山絖美
~他 狂言・仕舞数番、詳細は下段添付のチラシをご参照ください。

※本公演は松山にお申し込み頂くと、
1,000円引きのご優待提供となります。

~ 優待適用後の代金
指定席(正面のみ)7,000円
自由席(指定以外)6,000円

本公演は自由席券にて「名札の無い正面席」にもお座り頂けます。

◇お申込み方法
http://honobonoh.com/?page_id=80 まで
席種 枚数、お名前、郵送先、連絡先を明記の上、ご連絡ください。
※頂きました個人情報はチケットの発送・能楽公演のご案内以外に使用することはございません。

2019/8/4 ESSENCE能

公益社団法人 能楽協会の主催公演です。

能「土蜘蛛」において、松山が「胡蝶」を勤めます。

http://www.nohgaku.or.jp/playinginfo/info.html?id=2647

  公演日時

2019年8月4日 15:45開場 16:30開演

  会場

国立能楽堂

  料金

〈全席指定〉
3,500円

※学生割引有
※障害者割引有

演目詳細

解説(Commentary)
狂言(Kyogen) 大蔵流 「梟(Owl)」 シテ 大藏彌太郎
アド 茂山忠三郎
大藏章照
<休憩15分>
能(Noh) 観世流 「土蜘蛛(Spider)」 シテ 山崎正道
ツレ(胡蝶) 松山隆之
トモ 古室知也
ツレ(頼光) 伊藤嘉章
ワキ 大日方寛
ワキツレ 御厨誠吾
梅村昌功
アイ 大藏教義
藤田次郎
小鼓 岡本はる奈
大鼓 佃良太郎
太鼓 澤田晃良
18時20分頃 終了予定

2019/7/21 梅若会定式能

次女・結美が、能「正尊 起請文」にて「静」を勤めます。

令和元年7月21日(日)13:00開演~16:30頃 終演予定
於・梅若能楽学院会館(中野区東中野)
http://honobonoh.com/?p=853

能「自然居士」
角当直隆 ほか

狂言「神鳴」
山本則孝 ほか

能「正尊」起請文
山崎正道
松山結美 ほか

(下部分の番組をご確認ください)

※本公演は松山にお申し込み頂くと、
1,000円引きのご優待提供となります。

~ 優待適用後の代金
指定席(正面のみ)7,000円
自由席(指定以外)6,000円

本公演は自由席券にて「名札の無い正面席」にもお座り頂けます。

◇お申込み方法
http://honobonoh.com/?page_id=80 まで
席種 枚数、お名前、郵送先、連絡先を明記の上、ご連絡ください。
※頂きました個人情報はチケットの発送・能楽公演のご案内以外に使用することはございません。

2019/6/8 梅若会別会能

この度は昨秋に延期になりました特別公演のご案内です。

◇平成31年6月8日(土) 午前11:00 開演
能「鸚鵡小町」
シテ 会田 昇
ワキ 宝生 欣哉
笛  竹市 学
小鼓 大倉源次郎(人間国宝)
大鼓 柿原 崇志(人間国宝)
地頭 梅若 実(人間国宝)

能「望 月」
シテ 川口 晃平
ツレ 松山 隆之
子方 松山 絢美
ワキ 殿田 謙吉
間  野村太一郎
笛  一噌 幸弘
小鼓 飯田 清一
大鼓 亀井 広忠
太鼓 澤田 晃良

(他 狂言・仕舞)

別会能では、稀曲や大曲が上演されます。
表現描写のコントラストが細やかにお楽しみ頂けるところに魅力が詰まっています😁

「鸚鵡小町」は老齢の小野小町がシテです。
歌道を通じて聡明な知力を丁寧に表現します。

「望月」は「仇討ち」を主題に演劇趣向の強い一番です。
対話劇としての戯曲性は進行の理解も容易で、劇中劇で表現される曽我物語の小謡や、
囃子の舞(羯鼓・獅子)にも富む多彩な一曲です。
松山がツレ、絢美が子方を務めます。

正 面 席(指定席)=10,000円
脇・中正面(自由席)= 8,000円

席種    席    枚

◇お申込みは http://honobonoh.com/?page_id=80
席種枚数、お名前、郵送先、連絡先を明記の上ご連絡ください。

※頂きました個人情報はチケットの発送・能楽公演のご案内以外に使用することはございません。