2022/1/8(土) 梅若新春能

令和4年1月8日(土)13:00開演
「梅若新春能」
於・梅若能楽学院会館(中野区東中野)

「翁 十二月往来」梅若長左衛門・梅若紀彰・山本東次郎ほか
~能にして能にあらずと、能の大成以前より伝わる「翁」。

~十二月往来(じゅうにつきおうらい)
この小書では「二人翁」にて、新年を寿ぎます。

~三社風流(さんしゃふりゅう)
風流とは、翁に付随する狂言の「古来の形」となります。
現代では稀な上演となる「狂言風流」、お見逃しなく!

半能「高砂 古式」角当行雄ほか
~能の代表作品「高砂」は、住吉明神がとなります。

元来、老体の神とされる住吉明神ですが、観世流の現行演出では若い姿で現れ颯爽と舞います。
小書「古式」の演出によって、老体の住吉明神が厳かに新年を寿ぎます。

※「半能」とは、能の一場面(多くは後半のみ)の上演を指します。

◇関連リンク
~梅若会1月公演の魅力~(限定公開予定)
※松山にお申込み頂きました方限定の、動画解説をご用意致します。

◇お申込み方法
松山まで「ご予約」をお申し付けください。
席種 枚数、お名前、郵送先、連絡先を明記の上、ご連絡ください。
※頂きました個人情報はチケットの発送・能楽公演のご案内以外に使用することはございません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください